外国為替で稼いでみる?初心者のための外貨情報

円安ドル高、円高ドル安

外国為替を勉強する上では、世の中の情報や経済状況を常に知ることが最重視されます。
難しいようで、けれどそれを怠るようでは、外貨預金やFXなど為替変動をりようした金融商品に手を出さない方がよいのかもしれません。

円高ドル安、円安ドル高などという言葉は、毎日のニュースで言っていますし、我が国でも輸入や輸出など、国内の仕事などにも随分と会社の株式上場したり、その反対に下がったり直ぐに影響があるものです。
この言葉は為替において、大事な指標とキーワードで、外貨預金の中でも重要であって、また、とても基本的な言葉です。
それだけに、しっかりと理解しておかなければいけません。
「円高ドル安」では、文字通り円が安くなり、ドルが高い為替の状態を指していて、この言葉が頭の中でもピンと来ない人もいるでしょう。
そういう人にとっては、少々難しいかもしれません。

例えば…「1ドル=100円」で分かりやすい単位で計算をしていきます。
それで、1ドルを100円で購入した後に、しばらく経ってから「1ドル=110円」となりました。
数字を見ると円が高くなっているので、一見、「円高」だと誰もが思います。
しかし、よく考えてみましょう。
この「1ドルを購入する為に110円が必要となりますので=1ドルの価値が上がる訳です。

各国の通貨では、全てが相対的なものであり、「日本の円に対して、1ドルの価値が上がっている状態=円の価値が下がった状態」と考えることが可能です。
つまり、これは円高ドル安と違い「円安ドル高」だということです。
もしかすると最初は頭が痛くなるかもしれませんが、この外貨預金での基本になるところです。

関連・その他のホームページ

Copyright 2017 外国為替で稼いでみる?初心者のための外貨情報 All Rights Reserved.